「苦手な愛情表現・・・自然に出来るようになりたい」


 

人間関係に影響する愛情表現、上手に出来るようになりたい!という時は?

 
fr-aroma50
 
好きな人・大切な人達に、言葉や行動で、自然と愛情を表現出来ると、良好な関係性をいつまでも続けていくことが出来ますね。
 
でもその愛情表現が、「出来ない」だけであればマシですが、愛情はあるけどその表現が分からず、真逆の行動(相手を悲しませてしまうような行動)を起こしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんね。
 

 

状況


愛情表現と一言で言っても、相手が家族、もしくは恋人、職場の人では、その表現はまた異なるかもしれません。
 
この記事では、大切な人に、「素直な気持ちを伝える」「感謝の気持ちを行動で示す」という観点で捉えていきたいと思います。
 
 
 
大好きな人・大切な人に、その時その時で心のままに愛情表現が出来ていると、やはり自分も相手も素直に嬉しいものです。
 
 
「好き」であることを素直に伝えたり、「ありがとう」が心から言えたり、水入らずで共に過ごしたり、ハグしたり…。
 
距離は近すぎず、遠すぎず、且つ随所でそれらの表現が出来ていると、良好な関係性を築いていると言えます。
 
 
 
でも実際は、照れがあって、「恥ずかしいな」と思ったり、「キャラじゃない」と感じたり。
 
更に、「私なんて」という自己否定しがちな方は、愛情表現することにも自信を感じられていないかもしれません
 
 
 
また、幼い頃の両親からの愛情表現の仕方は、そのまま自分の身に付いてしまっている可能性があります。
 
あまり褒められず、否定されることが多かったという方は、無意識に相手にもそうしている場合があります
 
逆に、ぎゅっと抱きしめてもらったり、「好きだよ」「可愛いね」などとポジティブな言葉かけで育てられた方は、そういった表現が自然で上手な傾向にあります。
 
 
 
 

行動


自分に自信があって、自分が愛で満たされていると、それを外に表現したくなります。
 
外に表現、と言っても、アピールして相手に求め、自分の愛情を埋めてもらおうとする行為とは違います。
 
正しく言うと、自分が「愛」「幸せ」で満たされていると、それが自然に外に滲み出る様な感じです。
 
そのため、その愛情を相手に気付いてもらえるし、「良いな」「素敵だな」と思ってもらえます。
 
 
そして、あなたから溢れる想いや愛は、止めておくことが出来ないので、自然とそれが自分らしい愛情表現にカタチを変えて、相手に愛が届いていきます
 
 
つまり、どういうことかと言うと、愛情表現を苦手と感じたり、頑張って克服しなきゃ!というプレッシャーを感じることなく、自然と楽々それが出来てしまうということですね^^
 
 
 
自然な愛情表現には、「自分が愛で満たされていること」が鍵を握っていることが分かりました。
 
 
 
では、ここで、どうしたら自分を愛で満たすことが出来るか?というと、「自愛」することです。
 
 
その時その時の直感のままに、自分の好きなことや、人に遠慮して我慢していたことを、自分にプレゼントしてあげましょう。
 
 
「自愛」なので、誰かと一緒に行動するのではなく、1人の時間をしっかり確保し、好きなことをしていきます。
 
 
誰かと一緒だと、どうしても相手に合わせてしまったり、遠慮する気持ちが入ります。
 
また、無意識のうちに、相手に自分のエネルギーが流れたり、逆に相手からエネルギーを受け取ってしまったりします。
 
自愛の結果がブレてしまうため、ここでは自身にのみ集中していきましょう。
 
 
 
そして、心が満足するまで自愛していきます。
 
これにかかる時間は、変化を素直に受け入れられる方や、両親に否定されることが多かった方など、性格や環境に違いがあり、人それぞれです。
 
1ヶ月で満足出来る方もいれば、数年かかる方もいらっしゃいます。
 
 
時間が長くかかったとしても、気にすることはありません。
 
それだけ、耐えたり我慢したり、相手のために尽くしてきただけです。
 
 
本当に良く頑張りましたね。
 
 
でも、気付きが起きている今このタイミングは、あなたのためだけの時間を過ごす時です。
 
遠慮することなく、自由に趣味や休息、勉強、食事…などなど、好きなことを楽しんでみて下さいね。
 
 
 
 

変化


時間がかかっていたとしても、直感のままにどんどん自愛を続けていると、人と接する時に変化が感じられていきます。
 
 
自分が自分を好きになっていくから、相手まで大好きになって、その想いが溢れて、言葉や行動に愛が自然と表れます。
 
自分が愛で溢れていると、相手はそれに気付きますので、こちらから行かなくとも、相手が愛情表現をしてくれます。

 
 
 
それは、どんどんあなたの心が満たされていっている証拠です。
 
その変化も楽しんでいきましょう。
 
 
愛情表現そのものを頑張る必要はありませんし、実はこちらの方が楽ですね。
 
 
 
また、人に弱さを見せれず、頑張り過ぎる傾向にある方は、甘えることが出来ないため、それが不器用な愛情表現に繋がっていることもあります。
 
そういった方も、「自愛」を続けていくと、自分の適度な甘やかし方が理解できていきます。
 
そうすると、自然と甘え上手になり、自分に合った心地良い愛情表現が出来ていきますので、安心して下さいね♪
 
 
 
 

オススメの香り


周りに影響されず、依存せず、上手に1人時間を楽しんでいきたい!という時、オススメの精油は、「ネロリ」「サンダルウッド」です。
 
また、幼い頃のトラウマがある時、ハートを優しく癒してくれる精油として、「カモミール・ローマン」もオススメです。
 
 
 
上記の精油を使用して、バスソルトや芳香浴を楽しみましょう。
 
ルームスプレーや香水を作製するのもオススメです。
 
ピュアな精油達は、いつもあなたの側でパワフルに守ってくれますよ☆
 
 
 

ネロリ 周りに遠慮せず、自分が心からワクワクすることを楽しむ勇気を与えてくれます。
サンダルウッド 全ての答えが詰まっている自身のハートの声を、上手にキャッチする力を与えてくれます。
どっしりと地に足を着き、自信を持って突き進む勇気を与えてくれます。
カモミール・ローマン 両親、特に母親とのトラウマがある時、優しくハートを癒し、愛情を受け取り合うことの喜びを教えてくれます。

 
 
 
 
 
 

*状況やその理由は、細かく見ていくと、実際は人それぞれで、学びも異なります。
 
この記事1つで万人に向けて表現することは難しく、自分に当てはまらないなと感じたら、その通りなのだと思います^^
 
この記事は、実行したことで、心が楽になると言ってもらえるよう、響く人に向けたメッセージとなります。

 
 

Pocket
LINEで送る