「嗜好品の依存から離れたい!」


 

「嗜好品が手放せない生活から、そろそろ抜け出したい…!!」という時は?

 
fr-aroma49
 
嗜好品とは、栄養の摂取目的ではなく、味覚や視覚、嗅覚などから楽しむために摂取する飲食物などを指します。
 
美味しかったり、幸せな気持ちになったり、共通に楽しむ仲間とコミュニケーションが取れたり…嗜好品自体一言では悪いと言えるものではありませんが、過度な摂取は、心身に影響を及ぼすことにもなりかねず、心配されている方もいらっしゃるかもしれません。
 

 
嗜好品とも良好な関係を築いていけるよう、この記事では、スピリチュアルな観点からも分析していきたいと思います。
 
飲食物以外にも、もし依存し過ぎていると感じる存在があれば、嗜好品と同じ括りで読んでいただければと思います。
 

 

状況


(依存と聞くと悪いイメージがありますが、ここでは、互いに支え合う関係や、寄り添ってはいるが、あるキッカケで簡単に離れられる存在を「依存」と表現させていただき、それが無いと心身共に不安定な状態に陥ってしまうまでの関係を「依存症」と表現させていただきます。
 
はっきりと重度の「依存症」と自覚されている方は、病院にて診ていただくことをオススメします。)
 
 
 
私達は、日常生活で、少しずつ何かしら依存しています。
 
 
食べ物や飲料だけではありません。
 
仕事や遊び、運動、恋人、家族、場所、服飾、本やネット…色々あります。
 
 
要は自分の好きな物であり、それらが沢山あって、毎日好きなままにチョイスして楽しまれているかと思います。
 
 
だけど、そんな中で、心身に不調を感じていたり、健康を考えた時このままではダメだと思えたから、そろそろ上手に依存物から離れたいと感じられているのですよね。
 
 
まずは、依存自体、悪いこととは決め付けられません。
 
 
それらは、成長させてくれるものでもあります。
 
それによって、もしかしたら人間関係がメチャクチャになったり、健康に害を及ぼしたり…なんて経験をされた方もいらっしゃるかもしれませんが、この経験もまた、強烈な学びを与えてくれているんですよね。
 
 
 
この「依存」をダメだ!と捉えると、そうなっている「自分」はダメな存在だ!と自己否定することになります。
 
あくまでも、成長させてくれたものとして、感謝しながら手放し、前に進んでいきましょう。
 
 
 
いきなり嗜好品を断ち切るのは、なかなか大変かもしれません。
 
そのため、まずは、依存先を変えてみる事をオススメします。
 
 
そこに注ぐ時間やエネルギー、気持ちの比重を変えてみるという感覚です。
 
 
例えば、コーヒーなどカフェインが含まれる飲料を多く摂り過ぎている時、それらを上手く減らし、より体に優しい他の飲料にシフトしていく感じです。
 
コーヒーの味そのものが好きな方は、カフェインレスコーヒーでも案外大丈夫かもしれません。
 
 
お菓子の食べ過ぎが気になる方は、カロリーや糖質控え目なのに満足感あるもの、例えば、健康食品やフルーツ、スムージーなどの新鮮なドリンク、スーパーフードなど、本当は、我慢していたり、気になっていた飲食物があるかもしれませんね。
 
値段が高いとか、人の目を気にして摂らずにはいたけど、好きなもの。
 
 
もしくは、我慢していた健康法でも構いません。
 
 
 
また、健康的と聞いて思いつかない場合、または、物質的な依存では無い方は、健全に感じるものや、これまで我慢していた「本当に好きなこと」をイメージしてみましょう。
 
 
恋愛体質で、相手に依存しすぎてしまうタイプの方は、ぜひコチラの記事を参考に、自分磨きする方向へシフトしていくのはオススメです。
 
毎日仕事しかしていないという方は、習い事を始めてみるというのも良いですね。
 
 
 
その様に、例を参考に、完全に意識が離れられるまで、思いついたその依存先を取り入れ、サポートしてもらいましょう。
 
 
健康的な食事を続けていることで、意識が高まります。
 
健康的なもの、健全なものを選択してあげることで、自分のことを大切に扱っているという、安心感もあります。
 
 
一時、金銭面が気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、依存症を続けていると結果、心身が不調になり、治療代などかかるかもしれません。
 
将来通院にかかってしまうかもしれない費用を、楽しく感じれる方へと回してあげましょう。
 
 
 
この行動の目的は、自分が、自分と自分の意思を自由にコントロール出来る事を知るためだったんです。
 
 
案外、依存物そのものより、寄りかかれる何かがあるだけで大丈夫かもと気付けるかと思います。
 
更に、「これじゃなきゃ!」という感覚が薄れていくので、その時その時、直感で今必要と感じるものを取り入れていくことが出来るようになりますし、その行動を続けていくと、何かに頼らず、どんどん自立する力がついていることに気付けます
 
 
 
 
 
また、今度は視点を変えて最初に戻り、(自分が)体に悪いと感じている嗜好品を、ナゼ取り続けているのか、その心理を見ていきます。
 
 
それはやはり、気付かれているかと思いますが、ストレスを感じていたり、愛情不足を感じているためです。
 
仕事や環境、人間関係、家計など、現状生き抜いていくために、頑張っている、耐えている、我慢していることはありませんか?
 
 
だから、それを飲み込むために、見て見ぬ振りするために、必要な嗜好品だったんですよね。
 
 
でも、これは、自分には、そういう価値しかない・現状を変える力は無いと、自身を低く見ている状態です。
 
 
意識強く、自立出来ている方ほど、依存物は必要ありません。
 
「自分」があれば、「自分」がいれば、OKなんです。
 
 
 
だから、依存物に対してアプローチするだけでなく、自信を高めていく努力をすることは、とても良いことです。
 
 
上記でもお伝えした通り、その自信を高めていくコツは、エゴ(恐れ)ではなく、直感で感じた事を、素直に実行してあげることです。
 
 
この積み重ねを続けていくと、どんどん自分に自信が付いていきます。
 
 
(逆に、エゴで動いてばかりいると、依存に走る傾向にあります。)
 
 
 
直感から来るものは、”その道は正しく、それをすると未来が良くなる”から、あなたの元に届いているのです。
 
 
 
自分自身に、快くGOサインを出してあげることで自尊心が高まりますし、愛情が充電されていきます。
 
 
もう気付かれているかと思いますが、この状態が、「自信」に繋がりますね。
 
 
嗜好品は、自分の無力感を埋めてきてくれていたんですよね。
 
 
 
 

変化


 
上記のことを実行して自信が高まった後も、引き続き、直感のまま行動されることをオススメします。
 
 
おそらく、我慢していた現状を打破するパワーがついているので、行動することになるでしょう。
 
それは、人によっては、思い切って仕事を辞めてみたり、ずるずると続けていた恋愛関係を終わらせたり、避けていた人間関係に向かう勇気が湧いてきたり!
 
 
嗜好品に走らせていた原因そのものから、抜け出ることが出来るようになったと気付けるでしょう。
 
 
 

オススメの香り


自分の依存というものを見つめ直す時、精油の香りを楽しんだり、それぞれ持っている作用にサポートしてもらいましょう。
 
オススメの精油は、です。
 
 
上記の精油を使用して、ルームスプレーを作ったり、芳香浴を楽しみましょう。
 
ピュアな精油達は、いつもあなたの側でパワフルに守ってくれますよ☆
 
 
 

サンダルウッド 古くから、瞑想時にも使われてきた精油で、自身の内側と繋がり、気付きを与えてくれる様サポートしてくれます。
オレンジ 頑張り過ぎて疲れ切った心と体に、元気や活力を与えてくれます。
特に、甘いものに依存しがちな方にはオススメです。
クラリセージ ストレスを取り除き、明るい気持ちで前進出来るようサポートしてくれます。
悪癖などは断ち切り、自由な自分に気付かせてくれます。

 
 
 
 
 
 

*状況やその理由は、細かく見ていくと、実際は人それぞれで、学びも異なります。
 
この記事1つで万人に向けて表現することは難しく、自分に当てはまらないなと感じたら、その通りなのだと思います^^
 
この記事は、実行したことで、心が楽になると言ってもらえるよう、響く人に向けたメッセージとなります。