メリッサの作用と意味

 

メリッサ

 

melissa

 

特徴と作用

 
メリッサは、「レモンバーム」のことで、精油だけでなくハーブとしても利用されています。
 

 
ハーブ自体は安価で手に入りやすいのですが、水蒸気蒸留法で抽出した精油となると、少量しか採れないため、メリッサは大変高価な精油です。
 
 
ギリシャ神話では、メリッサという女性(女神)が、彼女の子供のゼウスを、ハチミツを与えながら育てたと伝えられています。
 
ギリシャ語で「メリッサ」は、「ハチミツ」を意味します。
 
そして、ミツバチは、メリッサのハーブを好みます。
 
ハーブとハチミツの深い関係性から、それが、ハーブ「メリッサ」の名前の由来に繋がったと言われています。
 
 
 
古くから治療にも用いられてきたメリッサ。
 
メリッサの葉が、ハートのカタチをしていることから、心臓や心(感情面)に作用するハーブとしてもとらえられてきました。
 
 
実際、抗うつ作用や鎮静作用、血圧降下作用を持つことから、ショック状態や興奮状態の時、感情を鎮め、バランスを取り安定させてくれる作用、高血圧の症状を和らげてくれる作用を持っています。
 
 
 
また、子宮を強壮する作用も持っているため、女性特有のトラブル(生理不順や生理痛など)にも、優しくサポートしてくれます。
 
 
抗菌作用・抗ウイルス作用から、お肌の感染症状やアレルギー対策にも利用されています。
 
 
 
また、発汗作用から、風邪の時などは、発汗を促進させてデトックスしつつ、体温を下げてくれるため、とても重宝されるハーブ・精油です。
 
 
 

学名 Melissa officinalis
科名 シソ科
抽出部位 花と葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
香り レモンをもっと甘くしたような香り
注意事項 特にないが、全ての精油同様、使用量に注意すること

 
 
 
 
 

精油の意味(スピリチュアルメッセージ)

 
私達人間と同じ様に、精油はそれぞれ発している波動、エネルギーが異なります。
 
そして、精油達は、あるメッセージを持ってそこに存在してくれています。
 
そのメッセージとは、全て私達の心に響く、優しくて温かいものばかりです。
 
植物など自然物は、私達に無償の愛を送りながら、メッセージを通してそれを伝えてくれています。
 
 
愛おしくなるような精油達と、感謝しながら仲良く付き合っていきたいですね♪
 
 
この香りが苦手に感じたり、急に好きになったり、同じ香りのはずなのにその時で香りが違う様に感じたり…それらの感覚も、全て意味があり、このスピリチュアルなメッセージも大いに関係しています。
 
ぜひ、ご自身の感覚を研ぎ澄ませながら、精油からのメッセージを受け取ってみて下さいね(*^_^*)
 
 
 
 

精油の意味(スピリチュアルメッセージ)
・心が深く傷付いた時、悲しみや混乱を感じている時、冷静さを取り戻し、穏やかな気持ちをキープ出来るよう、あなたを導きます。
 
・プレッシャーや緊張感がある時、パワフルに前進していける様、サポートします。

 
 
 
 
 

関連レシピ

 
flower01リラックス】メリッサのボディスクラブの作り方