カモミール・ジャーマンの作用と意味

 

カモミール・ジャーマン

 

german-chamomile

 

特徴と作用

 
カモミールの種類には、ジャーマンとローマンがあります。
 
どちらもハーブティーとして利用されていますが、一般的に多く飲用されるのは、カモミール・ジャーマンの方です。
 

 
カモミールの名前の由来は、ギリシャ語で「大地のリンゴ」という意味からくるもので、カモミールの花から、リンゴに似た香りがするところから名付けられました。
 
ただし、カモミール・ジャーマンは、精油だとリンゴの香りというよりは、葉を思わせる香りに変わります。
 
 
ハーブティー・精油共にリンゴの香りに近いのは、カモミール・ローマンになります。
 
 
 
古くから民間治療薬として使用されてきただけでなく、病気になってしまった植物の近くにカモミールを植えると、その植物の病気が治るという作用があり、カモミールの別名として、「植物のお医者さん」とも呼ばれています。
 
 
 
カモミール・ジャーマンは、抗炎症作用が高く、痒みがあるお肌・傷付いたお肌のケアや、傷みを緩和する働きがあります。
 
 
 
カモミール・ジャーマンには、有効成分であるカマズレンが含まれており、この成分が上記の様な炎症を抑える作用を持ち、スキンケアによく利用されています。
 
カマズレンの成分により、精油は濃い青色をしています。
 
キレイな青色ですが、布などに付くとシミになってしまうので、注意しましょう。
 
 
 
学名のMatricariaは、「子宮」を意味するラテン語に由来するのですが、古くから、産婦人科系の不調ケアにも使われてきました。
 
ただし、カモミールには子宮を収縮させる作用があるため、妊娠中、特に妊娠初期はハーブティーは控えるべきと言われています。
 
精油の扱いも同様に、この時期は控えるよう注意しましょう。
 
 

学名 Matricaria chamomilla
科名 キク科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
香り 甘さもありながら干草を感じさせる濃厚な香り
注意事項 キク科の植物アレルギーをお持ちの方は、使用を避けること

 
 
 
 
 

精油の意味(スピリチュアルメッセージ)

 
私達人間と同じ様に、精油はそれぞれ発している波動、エネルギーが異なります。
 
そして、精油達は、あるメッセージを持ってそこに存在してくれています。
 
そのメッセージとは、全て私達の心に響く、優しくて温かいものばかりです。
 
植物など自然物は、私達に無償の愛を送りながら、メッセージを通してそれを伝えてくれています。
 
 
愛おしくなるような精油達と、感謝しながら仲良く付き合っていきたいですね♪
 
 
この香りが苦手に感じたり、急に好きになったり、同じ香りのはずなのにその時で香りが違う様に感じたり…それらの感覚も、全て意味があり、このスピリチュアルなメッセージも大いに関係しています。
 
ぜひ、ご自身の感覚を研ぎ澄ませながら、精油からのメッセージを受け取ってみて下さいね(*^_^*)
 
 
 
 

精油の意味(スピリチュアルメッセージ)
・困難が立ちはだかっても、それをチャンスと受け止め、逆境を楽々と乗り越えられるよう、あなたをサポートします。
 
・職場や家族間などで、女性、もしくは弱い立場だからとぞんざいに扱われたり、意見させてもらえないような環境にうんざりしていませんか?あなたは今、あなたの力で立ち上がる時が来ています。