カモミール・ローマンの作用と意味


 

 

roman-chamomile

 

特徴と作用

 
カモミールの種類には、ジャーマンとローマンがあります。
 
どちらもハーブティーとして利用されていますが、一般的に多く飲用されるのは、カモミール・ジャーマンの方です。
 

 
カモミールの名前の由来は、ギリシャ語で「大地のリンゴ」という意味からくるもので、カモミールの花から、リンゴに似た香りがするところから名付けられました。
 
 
ただし、カモミール・ジャーマンは、精油だとリンゴの香りというよりは、葉を思わせる香りに変わります。
 
ハーブティー・精油共にリンゴの香りに近いのは、カモミール・ローマンになります。
 
 
 
カモミール・ジャーマンとカモミール・ローマンと、最初にどちらから購入しようか迷った場合は、香りや色、それから作用の優しさから考え、初心者さんには、カモミール・ローマンの方をオススメします。
 
 
カモミール・ジャーマンは、私達の体に対して強いケア効果をもたらしてくれるのに対して、カモミール・ローマンは、私達の心の方に優しく作用してくれます。
 
 
この植物のハーブティーを愛用される方も多いと思いますが、なかなか寝付けない方など、心地良い睡眠へと導いてくれる精油です。
 
 
イライラした時、不安な気持ちに押しつぶされそうになった時も、優しくサポートしてくれます。
 
 
欧米では古くから民間治療薬として使用されており、”感情のコントロールが出来ない・ぐずる・寝付きが悪い”という様なお子さんに、そのリラックス効果を活用し、治療として用いられることがあります。
 
 
カモミール・ローマンは、昔から、「女性と子供のための精油」と呼ばれており、女性にも子供にも優しく作用するという意味がありますが、この精油は「母親と子供」共に使用し、お互いがリラックスし、愛し愛される環境を作る精油、とも言えるかもしれません。
 
 
 

学名 Anthemis nobilis
科名 キク科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
香り りんごの様なフルーティーで甘い香り
注意事項 キク科の植物アレルギーをお持ちの方は、使用を避けること

 
 
 
 
 

精油の意味(スピリチュアルメッセージ)

 
私達人間と同じ様に、精油はそれぞれ発している波動、エネルギーが異なります。
 
そして、精油達は、あるメッセージを持ってそこに存在してくれています。
 
そのメッセージとは、全て私達の心に響く、優しくて温かいものばかりです。
 
植物など自然物は、私達に無償の愛を送りながら、メッセージを通してそれを伝えてくれています。
 
 
愛おしくなるような精油達と、感謝しながら仲良く付き合っていきたいですね♪
 
 
この香りが苦手に感じたり、急に好きになったり、同じ香りのはずなのにその時で香りが違う様に感じたり…それらの感覚も、全て意味があり、このスピリチュアルなメッセージも大いに関係しています。
 
ぜひ、ご自身の感覚を研ぎ澄ませながら、精油からのメッセージを受け取ってみて下さいね(*^_^*)
 
 
 
 

精油の意味(スピリチュアルメッセージ)
・両親、特に母親とのトラウマがある時、優しくハートを癒しながら、愛情を受け取り合うことの喜びに目覚めていける様、あなたを導きます。
 
・自分は愛されていないと感じている時、これまで受けてきた全ての愛情を思い出せるよう、サポートします。
 
・固く閉じてしまったあなたのハートを、優しく癒します。

 
 
 
 
 

関連レシピ

 
flower01【基本】アロマ香る万能スキンローションの作り方
 
flower01【基本】アロマ香る万能スキンクリームの作り方
 
flower01【基本】アロマ香るバスソルトの作り方
 
flower01【基本】アロマ香る石けんの作り方
 
flower01【日焼け肌用】フェイスパックの作り方
 
flower01【リラックス】まったり幸せ時間・・・優しく香る香油の作り方