【最古の香水レシピ】ハンガリーウォーターの作り方


 

「若返りの香水」ハンガリーウォーターを作ってみよう♪

 
SN3G0331
 
最古の香水と言われるハンガリーウォーター。
 
ハンガリーウォーターについて、そしてその作り方・使い方についてご紹介致します。
 

 

 

ハンガリーウォーターとは?


 
ハンガリーウォーターとは、ローズマリー等のハーブとアルコールを蒸留した蒸留水(リキュール)のことで、14世紀に、ハンガリーの王妃が愛用していたと言われています。
 
 
当時はまだ精油を作る技術がなく、香りを動物の脂に移す方法でポマードを作ったり、アルコールに香りを移してコロンを作るという方法しかありませんでした。
 
 
ハンガリーウォーターは、レシピの残っている中では、最も古い香水といわれており、次のような逸話も残されています。
 
 
『1370年頃、70歳を超えたハンガリーの王妃エリザベートはリューマチに悩まされながら、王亡き後の寂しい日々を過ごしていました。
 
昔の容貌を取り戻したい、一目惚れしたポーランドの若い王とお付き合いしたい…そんな想いを抱きながら、遠い森に住む隠者に相談に行きます。
 
その途中でみすぼらしい身なりをしている男性に会いました。
心優しい王妃は、その男にマントと食べ物を与えました。
 
それに感謝したこの男性は、王妃に 「若返りの香水」 の処方を教えました。
 
王妃は、その処方通りに香水を作って試してみました。
 
すると、手足の症状がみるみる回復するだけでなく、日ごとに美しくなってゆき、見違えるように外見も若返っていきました。
 
そして、ポーランドの若き王から求婚されたとの事です。』
 
 
それからというもの、このハーブを使用した香水は「若返りの香水」と呼ばれ、ハンガリーウォーターは、現代までそのレシピ・効能が語り継がれています。
 
 

 

材料


 
flower01無水エタノール 100cc位
 
flower01ミネラルウォーター 200cc位
 
flower01300ccの空容器
 
flower01乾燥ハーブ
 ・ペパーミント 10g
 ・ローズマリー 10g
 ・ローズ 5g
 ・レモンピール 5g

 
 
SN3G0329
 
 

作り方


 
①300ccの空容器に、ミネラルウォーターを200cc入れます。
 
②次に、容器に乾燥ハーブを入れます。
 
③乾燥ハーブを入れ終えたら、容器の蓋をしめて振り、乾燥ハーブとミネラルウォーターを馴染ませます。
 
④容器に100ccの無水エタノールを入れます。
 
⑤よく振り、アルコール水とハーブを馴染ませます。
 
 
SN3G0330
 
 
⑥容器がアルコール水で満たされなかった時は、酸化防止のためにミネラルウォーター、または無水エタノールを注ぎ、口一杯になるまで足します。
 
⑦蓋をして、よく振ったら完成です。
 

 
SN3G0331
 
 

保存方法


 
精油で作るものと違い、乾燥ハーブから香りを抽出する方法では、より多くの時間が必要になります。
 
少なくとも、1ヶ月は冷暗所(流しの下など)に置きます。
 
また、時々振って、香りの抽出を促してあげます。
時間が経つごとに香りが熟成してきます。
 
途中何回かローションの香りをかぎ、香りが徐々に変化するのを感じてみてくださいね♪
 
 

保存1ヶ月後は…


 
抽出液に含まれているハーブは、お肌に付くと感触がよくありませんので、茶こしなどでこして別のガラス瓶に移して保存します。
 
 
SN3G0369
 
 
残ったハーブは、お茶パックや布の袋に入れて入浴剤として香りを楽しみましょう。
 
 
SN3G0368
 
 
SN3G0396

 
 

使い方


 
通常、ミネラルウォーターで、5~10倍に薄めて使用します。
 
お風呂上がりに、収斂用のスキンローションとして使用しても良いですし、スポーツ後の筋肉クールダウン用として、また、デオドラント用のローションとして用いるのもオススメです。
 
 
SN3G0593
 
 
フェイススプレー、ボディスプレーなどのキャリアにもなりますので、この時は、キャリアに対して精油を1%程度加え、スペシャルなケアを楽しみましょう。
 
 
 

ハーブをこした後のローションは、何年も保存することが可能です。
 
保存の際は、保存ビンの底に「澱」がたまる事もあります。
これは、抽出されたハーブの成分が結合してできたもので、特に肌に悪いというわけではありませんのでご安心下さい。
 

 
 
 
 
 
 

Pocket
LINEで送る