【浄化用】アロマのオーラスプレーの作り方


 

オーラに働きかけてくれるスプレーで、キラキラ波動をキープしよう♪

 
SN3G0581
 
仕事の疲れがどっと溜まって辛い時、重たい気を発する場所に行ってダルく感じてしまった時など、自分のオーラ(目には見えない生命のエネルギーのこと)に、アロマスプレーを使って働きかけ、サポートしてもらいましょう。
 
どんよりとした空気、他人が発するイライラや怒り…それらを敏感に感じ取り、そのまま取り込んでしまいがちな方にも、オススメのスプレーです。
 

 

 

材料


 
flower01ミネラルウォーター(or 精製水) 25ml
 
flower01無水エタノール 5ml
 
flower01
 ・ 5滴
 ・ 4滴
 
(もしくは、 5滴、 4滴 もオススメ!)
 
flower0130mlのスプレー空容器
 

 
 

作り方


 
①スプレー容器に、無水エタノールを入れます。
 
(*無水エタノールが苦手な方は、精製水を30mlにして作製します)
 
②精油を全て加え、軽く振り混ぜます。
 
③ミネラルウォーターを、スプレー容器の肩まで注ぎます。
 
④蓋を閉め、容器の中身を振り振りシェイクして、完成です☆
 
 

 
 

使い方


 

①万が一、スプレーがかかってしまっても平気な場所へ、移動します。
 
 
②スプレーを頭頂部の上へ持っていき、体ではなく、体の周り(オーラの部分)にスプレーします。
 
 
慣れないうちは、体の前方部・後方部を意識して、スプレーしましょう。
 
大体2、3回のプッシュでカバーされますが、直感的に気になる部分・重点的にスプレーしたい部分がありましたら、それを越えてスプレーされても構いません。
 
 
③噴霧して、空間に漂っている香りを、手を使って、オーラの表面に撫でるように広げていきます。
 
 
余裕があれば、足の前面・後面、足裏のオーラにもしっかり広げていきましょう。
 
香りを楽しみながらも、キラキラとした光の粒が、自身を覆い守ってくれているイメージをします。
 
 
④1日に2~5回、自身の直感に任せてオーラスプレーを楽しみましょう。

 
 

オーラスプレーについて


 
目には見えないオーラですが、疲れてきたり、不安を感じていたりすると、私達のオーラのその色は、くすんできてしまいます。
 
この汚れをそのままにしていると、更に暗くて重く感じる人や現象を引き寄せてしまいます。
 
逆に、明るくキレイなオーラを発していると、更に明るく楽しく、心がワクワクするような現象を引き寄せる事が出来ます。
 
 
疲れない、常に元気である、嫌な気持ちにならない…なかなか、そんな風に完璧な人はいませんよね。
 
走ってばかりいれば疲れます。
勇気を出して飛び込まなきゃいけないプレッシャー強いシーンだってあります。
 
だからこそ、アロマのオーラスプレーを使って、こまめにケアしていくのは、オススメです。
 
守られている安心感がありますし、その自信から、どっしりと地に足を付ける事ができ、様々な現象や人に流されることなく、「自分」を保つ事が出来ます。
 
 
 
この浄化用のオーラスプレーは、体調を崩して休んでいる時や、気力が落ち、何に対してもヤル気が起きない時も、優しくサポートしてくれます。
 
アロマバスや食事療法などでデトックスするのと同時に、波動に働きかけてくれるスプレーでデトックスしてもらい、スッキリ感を取り戻しましょう♪
 
 
 

ラベンダー ネガティブエネルギーの浄化作用があります。
また、エネルギーに敏感な人を守り、不要なものは取り込まないようにしてくれます。
ペパーミント 不安や悲しい気持ちを一掃してくれます。
思考過多になった時、地に足を付けて行動していく大切さを教えてくれます。
レモングラス 疲労感を力強く取り除いてくれます。
なかなか自分の思いグセから抜け出せない時、気付きを与えてくれます。
クラリセージ 仕事のストレスや人間関係に疲れた時、とことん癒し、忘れかけていた本来の自分を取り戻させてくれます。
気持ちの切り替えがうまくいくため、常にポジティブなエネルギーを持って、前進することができます。

 
 
 
 

*オーラスプレーは、2~3週間程度を目安に使い切って下さい。
 
無水エタノールを使用していない場合は、2週間以内に使い切って下さい。
 
*スプレー液が体についてしまっても問題ありません(スキンローションと同様のレシピです)が、100%ピュアな精油を使用することを前提としています。
自身が、心から安心できる精油を使用しましょう。