【シナモン】焼きりんごの作り方

 

秋~冬の寒い時期に、特に食べたくなる豊かさの味♪

 

 
りんごに火を通し、シナモンパウダーを振りかけるだけで、まるで、アップルパイの中身だけを食べているかのように、簡単に甘くて美味しいスイーツになります。
 
砂糖を使わなくても十分甘くなるので、ヘルシー!ダイエット中にもオススメです♪
 

 

 

材料(2人分)


 
flower01りんご 1コ 
 
flower01ココナッツオイル 小さじ1
 
flower01シナモンパウダー お好みで
 
 

 

作り方


 
①りんごをよく洗い、皮つきのまま12~16等分に切ります。
 
②フライパンに、ココナッツオイルを入れ、中火にかけます。
 
③フライパンが温まったら、りんごを加えます。
 
ココナッツオイルをりんご全体に絡めます。
 
 
④蓋をして、時々返しながら、10分ほど、りんごに焼き色が付くまでじっくり焼きます。
 
⑤シナモンパウダーを適量、りんご全体に振りかけます。
 
(シナモンが苦手な方もいらっしゃるかと思いますので、無理しないで下さいね^^シナモン無しでも、十分美味しいです♪)
 
 
⑥更に、残っている水分が無くなり、全体的に綺麗に焼き色が付くまでしっかり熱を加えたら、完成です☆
 
 
 

 
 

 
 

焼きりんごについて


 
焼きりんごは、砂糖を入れていなくても、十分に甘くなります。
 
 
りんごの皮付きのままだと、ほんのちょっとだけほろ苦さもプラスされます。
 
小さなお子様は、シナモンを入れないだけでなく、皮なしにしてあげた方が、食べやすいかもしれません。
 
 
シナモンパウダーをふりかけた焼きりんごは、アップルパイの中身だけを食べているような、美味しくて不思議な感覚になります。
 
 
シナモンは、血行促進作用があるため、寒い季節にはピッタリですね。
 
幸せな気持ちは、もっと幸せな気持ちになれるモノを引き寄せてくれます。
 
シナモンは、摂り過ぎるのはNGなのですが、時々、日常にピリッとした心地良い刺激を味わってみると、身体も心も温まって、いつもの日常がより豊かになっていくかもしれませんね♪
 
 
 

シナモンの作用と意味&クラフトレシピ


 
下記は、シナモン精油の作用とスピリチュアルな意味(メッセージ)、関連記事の一覧のページです。
 
どうぞ、ご参考までに☆
 
 
flower01シナモンの作用と意味