【基本】アロマ香るリップクリームの作り方


 

唇以外にもOK!シンプルなリップクリームを作ってみよう♪

 
SN3G0693
 
肌質別、香り別に、と様々なパターンでリップクリームを作ることが出来ますが、今回は、基本だけおさえたシンプルなリップクリームのレシピをご紹介します。
 

基本をおさえた上で、その時その時で、好きな香りで選んだり、直感で選んだり、お肌タイプに合わせながら、キャリアオイルや精油を選び、楽しんでくださいね。
 

 

材料


 
flower01ホホバオイル 5ml
 
flower01 2g
 
flower01ハーブパウダー 耳かき1杯程(*ハーブパウダーは、入れなくてもOK)
 
flower01 0.025ml(1/2滴分)
 
flower01リップケース
 
flower01つまようじや竹串

 
 

作り方


 
①エッセンシャルウォーマーか湯せんを使用し、みつろうとホホバオイルを溶かします。
 
(*湯せんの場合は、湯せん用のケースか耐熱ガラスの中に入れ、鍋の底より約2cm程の深さまで湯を張り、中火で湯せんにかけます。倒れないよう注意しましょう)
 
②5分程でみつろうが溶けてきます。完全に溶けたら、ケースを湯せんから取り出します。
 
③精油を加え、つまようじで手早くかき混ぜます。
 
ハーブパウダーを入れる場合は、この時点で入れてかき混ぜます。
 
(*手際よくかき混ぜないと固まってしまいます。もし固まってしまった場合は、再度湯せんにかけて下さい)
 
④リップケースの蓋を開け、こぼさないよう手早く流し込みます。
 
⑤表面がうっすらと固まってきたら、リップケースの蓋を閉めます。
目安としては、約2時間ほどで、完全に固まります。

 
 
 

*ミニガラススポイトを使うと、精油を0.025ml計る事が出来ますが、もし細かい数値まで計れない場合は、精油1滴分(0.05ml)で作製しましょう。
 
その際は、ホホバオイルを10ml、みつろうを3g、リップケースを2~3本用意しましょう。
 
唇以外にも、全身のお好きな部分に塗ることが出来ますので、多めに作った場合も、ぜひ活用していだければと思います♪

 
 

 
 

オススメ精油


 
リップクリーム作りにオススメの精油です。
 

 
 ・安全で使いやすい精油です。乾燥肌・荒れたお肌にオススメ。日焼け後のケアにもオススメです。
 

 
 ・細胞を活性化してくれるため、乾燥肌にオススメです。潤いを与え、しっとりとしたお肌が期待できます。
 
【カモミール・ローマン】
  
 ・乾燥肌・荒れたお肌にオススメです。
 

 
 ・アンチエイジング作用があることから、乾燥肌に潤いを与えてくれます。
 
  
 
 

リップクリームについて


 
基材の分量については、ホホバオイルを多くすると柔らかめ、みつろうを多くすると硬めののリップクリームが出来上がりますので、好みの固さで調整して下さいね。
 
香り的にも作用的にも、レモンやグレープフルーツの香りのリップクリームはオススメなのですが、こちらの精油は光毒性がありますので、使用後、12時間は紫外線を浴びないよう、注意が必要です。
 
 
 
 

リップクリームは、1ヶ月を目安に使い切って下さい。
 
*はちみつを少量加えると、より保湿が期待出来るリップクリームとなりますので、冬場には特にオススメです。